第60回 申年 5巡「タイトルなし。」

先日30歳を迎えたところ、お祝いの言葉をくれたのは妻と任天堂インフォメーションだけでした。 祝辞がなくて悲しいというよりも任天堂信者になりたいという気持ちが芽生え、「ほんの小さな気遣いが任天堂を今日の大企業へと成長させたのか」という結論に至りました。お父さん、お母さん。僕30歳になったよ? さて、今回の辰ラヂは「ササハラVRを体験」「いぎぃ~ず。結成」「お笑いが少しだけ好きな男の話」の3本で…

続きを読む